プロ野球中継の歴史、日本ハムとケーブルテレビ

プロ野球中継の歴史

2015年現在、CS放送ではプロ野球の全試合を試聴することが可能となっています。 北海道日本ハムファイターズのホーム球場での試合中継は、地上波やBS放送のほか、CSチャンネルでは試合開始から放映されています。このため、CS放送かもしくはケーブルテレビと契約することで、ホーム試合のほぼ全試合を試合開始から試合終了まではもちろん、ヒーローインタビューまで全て視聴することが可能です。

かつて、東京ドームが日本ハムファイターズの本拠地だった2004年以前は、東京ドームでの主催試合は関東の地上波テレビ局が提携し、地上波でも放送されることがありました。北海道に移転した2004年以降は、関東での地上波放送は東京ドーム開催分の一部だけとなっていますが、衛星放送やケーブルテレビでは問題なく視聴可能です。 一方、北海道では2004年以降多くのホーム試合が地上波で放送されるようになっており、更なるプロ野球ファンの獲得にも一役買っています。ライト層はテレビ中継やラジオ中継を視聴し、ヘビーなファンはケーブルテレビ局やCS放送、インターネットの有料放送を契約するなど、住み分けも進んでいます。