日本ハムのブレない方針と、プロ野球の楽しみ方

ブレない方針

プロ野球観戦には多くの楽しみ方がありますが、一般的には特定のチームを応援する方法と、チームに拘らず好きな選手を応援するという方法が主流になっています。 北海道日本ハムファイターズは、ドラフト会議で能力の一番高い選手を一位指名するというブレない方針があるため、両方を楽しめる球団の一つとなっています。

2004年に一位指名で入団したダルビッシュ有投手は、日本での2005年から2011年までの7年間に93勝をあげ、メジャーのテキサスレンジャーズへと移籍していきましたが、引き続き日本ハムファンの多くが応援しています。 2012年のドラフト会議では、メジャー行きを表明していた大谷翔平を一位指名したことで波紋を呼びましたが、二刀流というプロ野球の既成概念を打ち破った説得法により入団に導きました。入団後わずか3年で球団のエースに育ち、ダルビッシュ同様将来的にはメジャー挑戦が予想されています。 このように、応援していた選手が更に上のステージへと巣立ち、引き続き応援することも近年のプロ野球の楽しみ方となっています。