進化するプロ野球中継はインターネットでも

進化するプロ野球中継

プロ野球の試合を見るには、スタジアム観戦以外にもテレビやインターネットで試聴する方法があります。 1980年代までは、CS放送が開始されておらず、ケーブルテレビも地上波の再送信がメイン業務だったため、プロ野球中継は地上波の放送に頼るしかありませんでした。一部球団の試合だけが放送されていたため、特に日本ハムファイターズのようにパリーグに属するチームの試合中継を、地元以外で試聴するのは難しい時代となっていました。 1990年代に入ってからはCS放送が開始されたことで、衛星放送での視聴が可能になり、CSチャンネルの番組を再送信するケーブルテレビ局も出てきたため、視聴環境が徐々に改善されていきました。

21世紀に入ってからはインターネットでの中継も行われるようになり、視聴の選択肢が広がりをみせました。プロ野球全球団の中から、好みのチームの試合を中継している局と契約する方法のほか、月額契約でパリーグの全試合を中継し見放題のインターネット中継も登場するなど、1980年代に比べ視聴環境は大幅に向上しています。